女子力上がる女のベスト副業バイブル

主婦が副業を考える時に必要な事とは

tumblr_mecay36L2F1rromzso1_500

私の友人達も子育てを終わり、各々が、副業活動を始めました。

そんな時に、一番羨ましい事は、学生時代に彼女達が取得した資格です。

特に、薬剤師と看護師の資格は、20年以上のブランクがあっても、時間給が一般人とは比べられないほど高く、しかも重宝されているように思います。

実際、そのような資格を持っている友人達は、副業を思いついて、行動に移すと、即座に勤務先が見つかりました。

それに比べ、そのような資格を学生時代に取らなかった友人の一人は、なかなか仕事が見つからず、50歳という年齢もあって、希望の事務職につく事は、ハローワークも含めて、時間のかかる行動となりました。

結局、知人のコネで、今は、毎日、一日7時間のバイトに行って、イキイキとした表情は見せていますが、久々の社会復帰は、思うように体がついて行かず、足腰が痛いと通院しながらの復帰中となりました。

それでも、社会人時代はイヤだった、朝の込み合った通勤電車も、仕事のトラブルも、一度、復帰してみると、昔の感触が蘇ったようで、辞めようという気持ちは無いと宣言しておりました。

我々のような年代の女性が、今から副業を求めるという事は、かなりの困難さがあると実感していますが、今から副業を考える若いママさん達には、副業をする時には、自分の希望を優先しすぎず、家族の事を考えて行動して欲しいという事をお願いしたいです。

夫や子供は家族であっても、気持ちは各々別人だと理解してみんなが納得してからの出発だと思って間違いはありません。

そして、可能ならば、なんでも良いので、資格を持つ事。

資格が無いならば、どこへいっても、自分をアピールできるような自分の得意分野を持つ事です。

又、万一、自分で起業を考えるのであれば、自分をサポートしてくれる友人等の人間関係を築きあげる事だと思います。

私も一時は甘く起業を考えていた時期がありましたが、私が知人数が乏しい事と、性格上、のめり込んで、家庭の事が出来なくなりそうな自分の姿を想像できた事と、起業するとついて回る、成功か失敗かのラインに立つ勇気が乏しかった事でいつの間にか、諦めていました。

それらを全てクリアできる方は、起業を副業とした家庭のリズムもきっちりと出来る方だといえるでしょう。

バイトであれ、自分の能力を発揮したいという思いであれ、副業を持つという事は、自分の新しい一歩であると同時に、自分に対する甘えた考えでは、仕事をまともにこなす事は出来ないのだと思って間違いはないと思います。

正社員で働きながらの副業の探し方

tumblr_m0henz0Fxi1rnt6czo1_1280

アベノミクスが打ち出されてからの経済効果とは裏腹に現実の生活水準は一向に良くならない。

それどころか、支出が増え家計を圧迫しているというのが現実ではないでしょうか。

正社員として働きながらも副業を考えることが当たり前の社会になりつつあるような気がします。

しかし、難しいのは副業の探し方です。本業がある以上、拘束時間が一定であるケースはなかなかありませんので、支障の出ない確実な時間帯、体調自己管理のことを考えて最低の睡眠時間も確保しなければいけません。

IT関連に強ければ、クラウドソーシングで稼ぐことも十分に可能かもしれません。しかし、そのスキルを持ち合わせている人間がどれほどいるでしょうか。

夜の居酒屋、深夜のコンビに、早朝の配達業務など実際にはそういった出勤スタイルのアルバイトをされる方が多いのではないでしょうか。

求人誌やハローワークなどを利用すればいくらでも仕事の受け口は見つかりそうなものです。

アルバイト先自体はいくらでもあるのです。しかし、肝心な会社員を続けながらのアルバイト先というのは思ったほど多くはありません。

なぜなら勤務可能時間帯と雇用先の人材確保希望時間帯が異なるからです。

バイト先が求めている時間帯は、まだ本業で仕事に追われている時間帯であることが圧倒的に多いんですね。

シフト制というのは学生や主婦の方には問題がないようなケースがほとんどですが、さすがに会社員が応募するとなるとなかなか条件が合致するものを探し出すのには苦労しそうです。

次に、個人でなにか収入を出そうとすると転売やオークションなどのネット販売が考えられます。

これは休日や深夜の時間帯などをうまく活用して仕入れや梱包、発送作業などを行えばなんとかなりそうですし、現にこの方法で収入を得ている会社員も多くいるそうです。

本業が不規則な時間であったり外回りが多いなどで仕入れも平行して行えるのであれば効率も良くなります。

基本的なマニュアルがあるわけではありませんので、自己管理と利益を出すための情報収集含め運営能力のある方や、今後、独立などを視野にいれている方にはもってこいの副業と言えそうです。

一昔前には在宅ワークの定番だった内職というのもありますが、これは現実的ではありません。

内職で検索をしてみるとよくわかりますが、内職を探されている方、特に主婦の方ですがとても多いことに気づくと思います。

そして、肝心な内職の委託業者は今現在ほとんど公開されておりません。

これはインターネット上に限らず、自宅でできる仕事求人においても同様です。

仕事は24時間いつでもどこでも探せばあるはずですが、自分のライフスタイルと条件にマッチした副業を探すというのは思ったより難しいのかもしれません。

アーカイブ

プロフィール

運営者:伊藤 チロル
■お問い合わせ

人気タイトル

アルバイト・バイトの求人情報満載! | バイト探しはan(アン)
アルバイト・バイトの求人情報満載! | バイト探しはan(アン)
マイナビ転職
マイナビ転職

Copyright(c) 2014 女子力上がる女のベスト副業バイブル All Rights Reserved.